便利グッズ

コロナじゃないよ!咳エチケットのお助けグッズ見つけた!

コロナに負けるな!コロナじゃないよ!お助けグッズ!

こんにちはりっこです。

 

「この咳はコロナじゃなく花粉症(喘息・風邪)なだけなのに…」

こんな想いを抱えているあなた。

 

我が家でも旦那さんが数年前から花粉症になっています。

 

私は一年中朝晩に鼻水が出る症状があるだけですが(アレルギー性鼻炎なのかな…?)、花粉症だと鼻水の他、咳やくしゃみ、目がかゆいなど色々な症状が出て辛いですよね。

 

これからの季節、北海道でもいよいよ花粉が飛散してくる時期。

 

ましてや今世間では新型コロナウイルスが流行していて、ちょっと喉の調子が悪く咳をしただけでも世間の目は冷たいものになっているという異常事態に。

 

そんな花粉症や喘息、アレルギーに悩む人や予防のためにマスクをしているだけの人にも使える、今話題で人気のグッズを3つご紹介したいと思います!

コロナじゃないよ!お助けグッズ:その①

先日北海道新聞で紹介され、SNSでも話題沸騰中のグッズがこちら。

コロナじゃないよ!缶バッチ狸小路4丁目「たぬきや」の商品

 

そう、缶バッチに描いてある通り、「花粉症です」「喘息です」「アレルギーです」という言葉。

 

咳をしただけで、「コロナじゃないの?」と変な目で見られることを避けるために、さりげなくアピールできるなんとも画期的なグッズ!

 

いちいち「いや、私花粉症で…」なんて説明するのも大変ですし、ピリピリしている雰囲気の中では、口を開くことで余計なもめ事をも増やしかねません。

 

2020年3月20日(金)午前10時から北海道札幌市中心部にある狸小路4丁目の「たぬきや」にて合計450個販売されるとのこと。

 

公式商品紹介ページはこちら

 

今年のみならず毎年使うことも出来ますし、「私、花粉症だから仕方ないのに……」って周囲を気にするストレスがこの缶バッチによって少しでも軽くなるなら、使用しない手はありません!

りっこ
りっこ
タヌキの絵が可愛い!

 

他では兵庫県や群馬県でもこのような商品を取り扱っているというニュースも観ました。

 

今後あちこちの地域での販売が増えていきそうですね!

 

コロナじゃないよ!お助けグッズ:その②

先程紹介した道内で買える「コロナじゃないよ!缶バッチ」。

 

ですが、買いに行くためにわざわざ街へ出向くのも大変だと思います。

 

りっこ
りっこ
私も田舎からわざわざ札幌の街へ出向くのはちょっと…

 

そんな方は楽天市場でも同じような商品がありました!

 

こちらはテレビで紹介されて今大人気となっている商品です。

りっこ
りっこ
シロクマちゃんが超可愛い!

直径37ミリほどで、それなりに目につくような大きさですね。

 

これから花粉症が本格化する北海道。

 

ただでさえ喘息や花粉症などの症状が辛いのに、さらに周囲の目を気にしなければいけない状況は辛すぎます。

 

ストレス軽減になり、気持ちがラクになりそうと感じたなら手に取るかちがありそうです。

 

コロナじゃないよ!お助けグッズ:その③

続いてのお助けグッズはこちら。

 

缶バッチではなく、キーホルダータイプのもの。

缶バッチタイプは

  • 子供には安全ピンが危ない
  • つける場所に困る

など使いにくさを感じる人もいるかと思います。

 

そんな方にはキーホルダータイプがおすすめ!

 

バッグにつけてもいいですし、エプロンの紐や小物などアクセサリーがわりにも使えます。

 

大きさは56ミリほどあるので、けっこう大きいですね。

 

花粉症のみならず、喘息、食物アレルギーを伝える商品もあります。

 

周囲の人に無言で状況を伝えるための商品でもあるので、商品本来の力を発揮すべくパッと目につきやすいところにつけて使用するのが効果的ですね!

 

咳をしただけで周囲から冷たい目で見られる現実

咳エチケット

咳が出ると一言で言っても花粉症や喘息、気管支炎、アレルギーでの咳以外にも

  • 咳風邪の治りかけのから咳
  • 空気の寒暖差で出る咳
  • 気管にゴミや飲み物がひっかかって出る咳

など、ウイルスを体内から排出する目的以外で咳が出ることなんてざらにあります。

 

でも今コロナウイルスが流行っているために、今までにないぐらい周囲の目が冷ややかなのが悲しい現実。

 

一番の理想は、

周りで咳やクシャミをする人がいても感情的にはならず「感染症ではなく別の理由があるのかもしれない」と考える余裕をみんながもてること

だと思っています。

 

コロナに負けるな!コロナじゃないよ!お助けグッズのまとめ

人が生きていく上で生理現象で起こってしまう咳。

どんな原因であれ、無理に咳を我慢し続けるのもかなりのストレスですし、身体にもよくありません。

 

かといってゴホンゴホンと咳をしつづけるのも勇気がいることで。

 

自ら「花粉症です」と周囲にわざわざアピールすることに抵抗感がある方もいると思います。

そういう方はもちろん無理に公言する必要はありません。

 

ですが、「私はコロナじゃないのに咳をしただけで白い目で見られることがストレスで仕方がない」という気持ちで、心身ともに滅入ってしまっているならお役に立てるのではと思います。

 

そんなモヤモヤをかかえているあなたの気持ちが、今回ご紹介したグッズで少しでも軽減されることがあれば嬉しいです。

 

最後までありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です