便利グッズ

レジカゴバッグの選び方&使い方!折りたためて大容量で安くて丈夫なのは?

折りたためて大容量!安くて丈夫でかわいい最強レジカゴバッグ!

こんにちは、りっこです!

 

レジ袋の有料化がどんどん進み、買い物に行くときに忘れてはいけないエコバッグ。

りっこ
りっこ
近くの西松屋でも来月有料化になる&調剤薬局も7月から有料化になるって張り紙してあったよ

そう、2020年7月1日からの本格的なレジ袋有料化がはじまります。

 

前倒し推奨とされていて、そのために食品だけではなくホームセンターやコンビニ、衣料品店、調剤薬局など順次レジ袋の有料化が実施されていっているんです。

 

そこで必要になってくるのが「エコバッグ」。

 

エコバッグと言っても沢山の種類があり、その中から自分の求める条件に合ったモノを探すのって大変ですよね。

 

私が求めているエコバッグの条件は以下の6つ。

  • レジカゴサイズのもの
  • コンパクトにたためる
  • 安い
  • 大容量
  • 丈夫
  • かわいい

上記の6つを満たすことを条件として探していて、その全ての条件をクリアしたのを発見!

 

約2年前から愛用し続けていて、いよいよ引退かなと感じてきたので先日追加でリピート買い♪

 

お買い物に行く度のパートナーとして大活躍中です♪

 

 

この記事でわかること

・レジカゴバッグを選ぶときのポイント

・実際の入る量

・折りたたみ方

・レジカゴバッグの買い物以外の使い方

・私の愛用レジカゴバッグ

それではいきまっしょい!

 

レジカゴバッグを選ぶときのポイント

レジカゴバッグといえば、

  • レジカゴに合うサイズで作られていて、
  • 上は巾着のようにヒモでキュッとして閉じられる

というものが多いですよね。

 

そんな中でも自分好みのレジカゴバッグを見付けるときのポイントは4つ。

  • 折りたたんだときのサイズ感
  • 折りたたんだときの止め方
  • 自立するかどうか
  • 保冷機能つきかどうか

です。

 

折りたたんだときのサイズ感

レジカゴバッグは広げたら結構な大きさになります。

それをコンパクトに折りたたむのですが、実際どのぐらいの大きさになるものなのか気になりますよね。

私が使っているレジカゴバッグと長財布とを比較してみました。

レジカゴバッグの折りたたんだ時のサイズ感

長財布よりもやや大きいぐらいのサイズになることがわかりますね。

 

となると、お財布だけ入るようなショルダーバッグだと入れて持ち歩くのは厳しい。

 

私も実際カバンに入らないので手で持ってお店に入ってって、カートとカゴの隙間に置いています。

レジカゴバッグの持ち歩き方

もっと小さく折りたためるものとなると、、、

自立が難しい作りのものを選ぶ必要が出てくるので、丈夫さや劣ってしまうのが難点です。

 

折りたたんだときの留め方

折りたたんだときに開かないようにするための留め方も大事。

 

私の愛用レジカゴバッグはスナップボタンでとめるタイプのですが、

ゴムバンドタイプの方が「ボタンが思わず取れてしまって開いちゃった」なんてことはないので安心感はあるなと感じています。

 

自立するかどうか

丈夫さが変わってくる大事なポイントでもあるのが自立するかどうか

 

レジカゴのサイズに開く大きさゆえに、ナイロンなどのペラペラ素材であれば、強度も変わってきます。

レジカゴバッグの丈夫さや安定感

 

四角く広げたときに側面が立つぐらいの素材のものを選ぶと、重いものを入れても安心。

 

また、レジを通過後の台で自分で食品を詰めかえていくときに入れやすくていいです♪

りっこ
りっこ
レジ通過後の台のことを『サッカー台』と言うよ!この記事を書くときに初めて知ったよ(笑)

 

保冷機能つきかどうか

ここは意見がわかれるかと思います。

 

私は保冷機能はいらなかったので、探す条件にもいれていませんでした。

 

保冷機能があれば、他の用事を済ますなり帰宅までに時間がかかるときでも安心ですよね!

 

しかし私が保冷機能不要とした理由は3つ。

  • アルミなど保冷用の素材が、使用しているうちに破れてしまいいずれ機能を失ってしまうのでは?
  • 基本は買い物した後はすぐに帰宅する。
  • 冷たいものばかりってわけではないので、そもそも保冷する必要もない。

 

3つめの理由では、保冷機能がついているものって保冷剤を入れるポケットがあるものもあるんですね。

 

そうするといちいち保冷剤を持ち歩くのも面倒。

必要なら保冷専用のバッグを車に用意して行けばいいわけだし。

仮に保冷剤を保冷ポケットに入れて使用するとしたら、保冷したい商品を保冷剤の近くに入れるということを考慮して詰めようとしちゃう。

 

結果、私には不要な機能だなと判断したわけです。

りっこ
りっこ
2年近く使っていて、保冷機能があった方がよかったと感じたことは一度もありません。

 

レジカゴバッグに入る量はどんな感じ?

「レジカゴバックはカゴとほぼ同じ量が入るんでしょ~」ということは予想がついたとしても、実際の量はどのぐらいか。

とある日の我が家の買い物の時の写真はこちら。

レジカゴバッグに入る量

レジカゴバッグ一つにこれだけの量が入ります♪

 

底が四角になっていてしっかりした作りなので、こんだけ入れていても持ち運んでいる時に中でグチャグチャになることはありません。

 

底板があるタイプのレジカゴバッグもあるようですが、板があると折りたたみ時に小さくならないというデメリットが。

 

板がなくても牛乳や油などボトル類を沢山入れても問題なく使用できていますよ♪

レジカゴバッグに商品が入っている様子

カゴの高さよりも多く入れてしまって山盛りになった状態でレジを通過しても、レジカゴバッグの巾着部分があるのでちゃんと収まってくれるのがいいですよ!

 

レジカゴバッグの折りたたみ方

レジカゴバッグの折りたたみ方は、基本的にはどれも同じようなたたみ方になっています。

レジカゴバッグのたたみ方
  • ステップ1

    レジカゴバッグのたたみ方1

  • ステップ2
    上の部分と持ち手をたたんで

    レジカゴバッグのたたみ方2

    両端からパタパタとたたんでいく。

    レジカゴバッグのたたみ方3

  • ステップ3
    ボタンやゴムで開かないように留める
    レジカゴバッグたたみ方5

     

    ボタンならとめて、ゴムならひっかけて完成!

    レジカゴバッグたたみ方6

 

基本的には上記のようなたたみ方をします。

 

そしてたたんだ状態のサイズが(私の愛用品のサイズで)

縦25センチ、横13センチ、厚み4センチです。

 

長財布と一緒に撮っていた写真のレジカゴバッグは2年前のもの。

今年届いたものはちょっと大きくなっていました!

レジカゴバッグのサイズの違い

同一販売店&同一商品でしたが、以前よりもカゴの高さにマッチした商品に改良されていたようです♪

 

レジカゴバッグの使い方

レジカゴバッグは主には普段の食品の買い物に使うことが多いでしょう。

しかし他にも色々と活躍してくれる便利なアイテムなんです♪

 

お買い物以外のレジカゴバッグの使い方

日常の買い物以外では、ピクニックやキャンプなどのレジャー、車の荷物入れにも大活躍!

 

車の後ろにひざ掛けや子供のおもちゃ、DVDなどの小物など入れて置いておくのにとても便利♪

 

ひもで蓋を閉められるので、砂などでの汚れ防止や子どものお菓子やオモチャなど余計なものが入ってしまうのを防げていい!

りっこ
りっこ
蓋がないタイプのカゴを使っていた時、車のテレビのリモコンや小さいお菓子が紛れ込んでしまっていたことがあったの。

レジカゴバッグとなるとエコバッグ的な使い方としてつい買い物用と捉えがちだけど、色々な場面で使うことが出来ますよ♪

 

レジカゴバッグは迷惑?

レジカゴバッグの使い方の代表例としては、やはりお買い物。

 

ですがカゴの代わりだからと言って、

レジで店員さんにカゴの移動時に詰めてもらうことを当たり前に思ってはいけません。

 

ツイッターでこんな意見を見つけました。

レジカゴバッグについてのツイッター

 

 

うん、確かに納得。

 

自分がレジを担当する側だったらこう思うだろうなと以前から感じていたことがそのまんま書かれていました。

 

私も普段は自分でサッカー台でレジカゴバッグに入れ替えています。

 

ですが、寝ている子供を抱いてレジに並んでいる時に店員さんに「お詰めしましょうか?」と声をかけられたときは、甘えさせてもらってお願いしています。

 

どんな状況であれ、詰めていただく時には必ず「お願いします」や「とても助かりました、ありがとうございます」など、人として感謝の気持ちを伝えるべきですね。

 

レジカゴバッグは『詰めてもらうことを目的とした商品ではない』ということをしっかり認識して使用していきましょう。

 

 

おまけ:私の愛用レジカゴバッグ

最後に私がずっと愛用しているレジカゴバッグをご紹介します。

 

私のレジカゴバッグの条件である

  • コンパクトにたためる
  • 安い
  • 大容量
  • 丈夫
  • かわいい
  • 保冷機能不要

を満たしてくれていて、2年ほど前からお世話になっている商品はコチラ。

 

 

決め手は何よりも価格の安さ!!

 

んでもって他の条件を満たしているし、柄も好みのが沢山あって文句なし!

 

「レジカゴバッグ」で検索してみるとわかりますが、他の商品はどれも1000円以上するんですよ…。

 

その中で700円台な上、送料無料って選ばない理由はないっしょ!

 

初めは「安いからきっと長持ちしないかも」と不安もありましたが、一週間に1回以上を2年間使えたんだからコスパは最強ですよね!

 

追加で買ったし、これから数年先もまだまだお世話になりま~す♪

 

レジカゴバッグのまとめ

レジカゴバッグはメリットが盛沢山♪

 

大容量だから沢山入ると言う便利さとともに、お店のカゴに入る分だけがレジカゴバッグに入る量とほぼ同じと思うと、買い過ぎ防止になるという思わぬメリットが♪

りっこ
りっこ
あれもこれもとカゴ2つ分になっちゃったら持ち帰れないもんね

これから本格的にレジ袋有料化になるので、益々レジカゴバッグの需要は増えていくことでしょう!

 

ぜひ、自分好みのレジカゴバッグを見つけてくださいね!

 

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です