整理・収納・片付け

100均DIY|ワイヤーネットでデスク周りの配線コードをスッキリ整理!

デスク周りのコードを整理

我が家のリビングにある固定デスク。

 

そこに固定電話を置いていて、ルーターやプリンター、Wi-Fiスポットなどの機器が置いてあるとともに、それらから出ているたくさんのコードたち。

 

1つの機械から1本ならまだしも、電源用コード、ルーターと接続する用のコードなど一つの機械から出ているコードが数本あるので、とにかくコードだらけの状態になりますよね。

 

コードがたくさんあるだけでもイヤなのに、だらんとしているのももっとイヤでとにかくまとめてスッキリさせたいと思い、いざ取り掛かりました!

 

ビフォーの写真を撮り忘れたので以前の状態をお見せするものがないのですが、

今はこんな感じでスッキリとしています♪

デスク下の配線収納

(下に伸びている黒いコードは、ワゴンに乗せている可動式のプリンターに繋がっているもの。)

我ながらまとまっていて上出来と自画自賛!!

 

目につくたびに「いや~スッキリしていてまとめ方が上手い!」と我が家の空間でのトキメキスポットとなってます♪

 

今回は、このように『100均アイテムでデスク周りのコード類をスッキリ整理する方法』をお伝えしていきますね。

 

あなたの参考になれば幸いです。^^

 

デスク周りのコードをスッキリ整理するための使用アイテム

デスク周りのコードをスッキリ整理

まず、上記のような状態にするために必要なアイテムはこちら。

  • ワイヤーネット(100均)
  • 結束バンド(100均)
  • マジックテープの結束バンド(100均)
  • ねじ
  • タコ足コンセント(個別電源スイッチ)

の5点で出来上がっています。

ねじと個別電源のついたタコ足コンセントは家にあったもので、改めて購入はしていません。

 

コストをかけずにここまでスッキリ整理することが出来ました!

 

それではコードのまとめ方をみていきましょう!

 

デスク周りのコードをスッキリ整理する方法

デスクした配線収納

まず、完成したデスク下の状態がこちら。

手前に伸びている黒いコードは可動式のワゴンに乗せているプリンターとつながっているものなので、抜いてしまえば他にコードは壁に張り付いた状態以外にはみ出してくるものはありません。

 

すべてのコードが壁の下の方にあるコンセントからワイヤーネット上でまとめられたうえでデスクの丸穴へと吸い込まれています。

 

その作り方を解説していきます。

ワイヤーネットでコード類をまとめる方法
  • ステップ1
    ワイヤーネットをネジで壁に固定する
    デスク下コードをまとめる

    まずは、ワイヤーネットを壁に固定するために、ワイヤーネットの角の4か所または浮いている部分などをねじで引っ掛けて押さえつけるようにして、壁に固定します。

    壁の中の石膏ボード部分や基礎の木があるなどによって背面の強度が違うので、そこに合わせた場所で固定してくださいね!

     

    ここでポイント!

    ワイヤーネットのどちらを表(手前)にするのかというと、仕切り線がついている側を手前にして壁にくっつけましょう。

     

    壁側に仕切り線がある状態で固定してしまうと、結束バンドを通しにくくなるのでちょっと大変になります(汗)

  • ステップ2
    スイッチ付きタコ足コンセントを固定する

    次はいよいよメインとなる各コンセントをさすタコ足電源スイッチをくっつけていきます。

    スイッチつきタコ足コンセント

    各電源スイッチの邪魔にならないように、端と端を結束バンドでワイヤーネットにくっつけました。

     

    この時のポイントはコンセントの抜き差しをしやすいように差込口を手前に向けるのか、

    スイッチを操作しやすいように差込口を下にしてスイッチを手前に向けるのか。

     

    自分が操作しやすいな、使いやすいなと思う向きで取り付けましょう。

     

    私は、コンセントを抜き差しすることは頻度としては少なく、プリンターの電源操作がメインになるなということでこの写真の向きで取り付けました。

     

    差込口を手前に向けてしまうと電源スイッチが机の板の方へ向いてしまい見えずらいですし、タコ足コンセント自体も安定感がない状態で取り付けることになってしまうというもの理由の一つです。

     

    ですので、安定感と操作性の状況から写真のような向きになりました。

     

  • ステップ3
    他の大きなものを固定する

    タコ足コンセントの他にNTTの光回線に必要な機械がありました。

    NTT光回線機械

    以前はなかった(はず)なのですが、建て替えをして新築になった際に新たに必要となった部品であり、ワイヤーネットでまとめるまでこの存在が邪魔で邪魔で……。

     

    これも先に場所を決めて固定してしまいましょう。

  • ステップ4
    コードを束ねていく

    いよいよ次はコードを束ねていきます。

    これはもう好みですが、グネグネと折りたたんでいくのか、丸にしてまとめるのかして、マジックテープの結束バンドを使って束ねてワイヤーネットにくっつけていきましょう。

    マジックテープの結束バンド
  • ステップ5
    タコ足スイッチにラベル

    最後に、タコ足電源スイッチのそれぞれのスイッチの部分にラベルをつけましょう。

     

    そうすれば、どのコンセントがどの機械のスイッチなのかが一目でわかります。

    デスク下の配線コード整理

    我が家では今はWi-Fiスポット、NTT光回線の機械、プリンターぐらいしか使っていないのですが、以前はデスクトップのパソコンもあったため、ディスプレイ用のコンセント、キーボードのコンセントなど複数あってほぼ埋まっていました。

     

    • 子供が遊んでスイッチを切ってしまった
    • エラーになって電源を入れ直すのにどのスイッチかわからない
    • コードを整理するのにどれがどのコードかわからない

    など、ちょっとしたことでも一目ですぐにわかるって快適です。

     

    ストレスを感じないためにも、ラベルは必須ですよ!!

 

以上が、主に100均アイテムで出来るワイヤーネットを使ってデスク周りのコードをスッキリ整理する方法でした!

 

デスク周りのコードをスッキリまとめるときの条件

私がデスク周りのコード類を整理する上で考えていた条件は以下の5つ。

  • どの電源スイッチがどの機械のモノか一目でわかるようにしたい
  • 床につけたくない(ホコリ絡まるし掃除機もかけにくくなるから)
  • 余計なだらんとしたゆとりはなくしたい(格好悪いから)
  • 簡単に変更、取り外しが出来るようにしたい
  • 安くできる方法がいい

今回我が家で取り入れたワイヤーネットを使って壁にくっつけてコードをまとめるこの方法では、全ての条件がクリア出来ました!

 

なので、掃除機をかけるたびに床にコードがなくストレスを感じませんし、そもそもワイヤーネット部分にまとまってくれているので見た目もスッキリ!

 

私にとっては最高の結果なりました!

 

まぁ一つ欲を言えば……

 

「ルーターやWi-Fiスポットのキューブも下に隠せたらな」と思ってみたり…

 

100均アイテムでデスク周りのコード類をスッキリ整理する方法のまとめ

いかがでしたか?

 

主に100均アイテムを使ってここまでスッキリとデスク周りのコードをまとめることが出来ました!

 

自分にとってこれでストレスを感じずに済む!そしてわかりやすくて使いやすい!

という方法の一つとして参考になれば幸いです♪

 

最後までありがとうございました!

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です