男子バレー

男子バレーの高橋藍選手はハーフ?かっこいいワケと家族構成や生い立ち

男子バレーの高橋藍はハーフ?

東京オリンピックが始まり、様々な競技が盛り上がっていますね!

男子バレーでは、29年ぶりにオリンピックで勝利を収め開幕から2連勝と勢いに乗っています!

今回は、男子バレー勝利への立役者の1人である高橋藍選手に注目したいと思います。

攻守とも大活躍の高橋藍選手は、プレーはもちろん、イケメンなところも話題になっていますよね!

ネット上では国宝級イケメンともいわれています。

りっこ
りっこ
私の妹もオリンピックのイタリア戦観て言ってたわ

高橋藍選手は、ハーフのような顔立ちですが、実はクォーターなんです!

今回の記事では、高橋藍選手の家族構成や生い立ちについて紹介していきます。

男子バレーの高橋藍選手はハーフ?家族構成は?

 

高橋藍選手は日本人離れしたイケメンさがありますよね!

その理由はハーフなのか、家族構成も紹介していきます。

高橋藍選手はハーフ?

高橋藍選手は、ハーフではなくクォーターです。

お母さんがアメリカとのハーフ、お父さんは日本人です。

ちなみに高橋藍選手のお母さんの両親は、ドイツとイギリスの血も入っていると、お兄さんの塁さんが話していました。

高橋藍選手の家族構成

家族構成は、父・母・兄(塁さん)・妹(莉々さん)の5人家族です。

3人の名前の由来は、お父さんが野球好きなところから取られています。

塁さん→野球の「塁」から

藍さん→ホームランの「ラン」から

莉々さん→リリーフの「リリ」から

野球好きなお父さんらしい、野球にちなんだ名前なんですね!

お兄さんの高橋塁さんのTwitterでは、兄妹の写真も多く仲がいいことがわかります。

そして実は2つ年上の塁さんもバレーボール選手として活躍しています!

現在は日本大学在学中です。

卒業後はVリーグに行くのかも知れませんね♪︎

りっこ
りっこ
高橋藍選手も卒業したらVリーグで兄弟対決が見られる日がくるかも・・・?!

楽しみに待とうと思います!(^^)

男子バレーの高橋藍選手の生い立ちやプロフィール

イケメンでプレーでも大活躍、高橋藍選手の生い立ちに迫っていこうと思います!

高橋藍プロフィール公益財団法人日本バレーボール協会公式Instagramより

公益財団法人日本バレーボール協会の情報をもとに高橋藍選手のプロフィールを紹介していきます!

★名前の読み方
たかはし らん

★学校
日本体育大学2年生

★出身地
京都市

★生年月日
2001年9月2日

★血液型
O型

★身長
188cm

★最高到達点
343cm

★体重
72kg

★ポジション
アウトサイドヒッター

高橋藍選手がバレーボールを始めたきっかけ

高橋藍選手がバレーボールを始めたきっかけは、お兄さんである塁さんの影響が大きいんです!

お兄さんの塁さんは、元日本代表選手の栗原恵さんに憧れて、小学2年生の時からバレーボールを始めました。

そんなお兄さんの姿をみて、高橋藍選手も小学2年生の頃からバレーボールを始めています。

りっこ
りっこ
きっと野球好きのお父さんは複雑な心境だったのかな・・・(笑)

高橋藍選手の小学生時代

高橋藍選手が小学生の頃は、学校から帰宅するとお兄さんの塁さんとともに近所の公園でバレーをしていたそうです。

公園の鉄棒をバレーのネットに見立てて、地面にコートのラインを書いてボールを打ち合っていたんです!

身長が伸びてからは公園の木と木にゴムを張って、ネットを作って練習していたとか。

お兄さんと二人三脚で練習していたことで、今の高橋藍選手がいることがわかりますね!

高橋藍選手の中学生時代

高橋藍選手は、京都市立蜂ヶ丘中学校の出身です。

蜂ヶ丘中学校は、東映の京都撮影所の近くにあるバレーボールの強豪中学校です。

高橋藍選手が在学中は、3年とも全国大会に出場しています!

中学1年生のときは、身長158cmとあまり大きい方ではなかったためリベロをしていました。

今の攻守ともに活躍している高橋藍選手の原点はここにあるんですね!

優秀な選手が集められる京都選抜にも選ばれていたため、その当時から頭角を現していたことがわかります。

高橋藍選手の高校生時代

高橋藍選手は、京都府京都市にある東山高校に進学しています。

3年生の時には、夏のインターハイに出場し全国ベスト4になっています。

そして、2019年秋の全国大会と2020年の春高バレーでは全国優勝しています。

高橋藍選手の活躍が認められ、高校卒業間近の2月には、2020年度のシニア日本代表登録選手に初選出されています!

高校生ながら日本代表登録選手に選ばれるとは、さすがの実力ですよね!

お兄さんの塁さんも東山高校の出身なので、中・高校ともに一緒にバレーボールに励んでいたことがわかります。

高橋藍選手は大学生!

2020年、高橋藍選手は日本体育大学へ進学しています。

コロナ禍ということもあり、思うように試合や練習をこなす事はできなかったといいます。

しかし、そんな中でもフィジカルを強化し、筋肉量も増え入学当初から体重は10kgも増えています。

そして、12月に行われた全日本インカレでは、1年生ながらチームの中心となり準優勝しています。

大学生のかたわら、2021年度の日本代表にも選ばれて活躍の場を広げています。

今後さらなる活躍が期待できますね!

高橋藍選手の東京オリンピックでの成績

日本VSベネズエラ戦では、3-0と快勝の中、高橋藍選手はスタメンとして出場し、石川選手の15得点に次ぐ11点を取りチームに貢献しています。

日本VSカナダ戦では3-1で勝利!

この戦いでもスタメンで出場し、攻守ともに活躍しています。

りっこ
りっこ
激アツな戦いっぷりを紹介した記事もあるのでぜひご覧くださいね

▶▶オリンピック男子バレーカナダ戦でハイキューのリアル場面が激アツ!

中学生のころはリベロをしていた高橋藍選手。

日本代表選手としても攻撃だけではなくレシーブでも光ったプレーが多いですね!

高橋藍のネックレスはどこのメーカーの?石川選手とお揃いなの?

ツイートでも出ていたネックレスについて調べてみたところ、「SEV」という、アスリートにも人気のスポーツ用のネックレスでした。

⇒SEVのオフィシャルオンラインショップはこちら

SEVネックレスとは、

  • スポーツ時の肉体疲労の軽減
  • 痛みの軽減
  • むくみの改善
  • 肌細胞の活性化
  • 新陳代謝の向上

などの効果があり、スポーツ選手に人気が高いようです!

https://twitter.com/pan__fj/status/1388876732032110596?s=19

この画像のとおり、石川祐希選手も身につけているネックレスとよく似ており同じものかな?と、思います。

ただ、Amazonや楽天市場ではSEVネックレスの取り扱いはありませんでした。

似たもので同じ効果のあるネックレスとして人気なのがこちらです。

りっこ
りっこ
それにしてもなかなかな金額だなと思ってしまいました。

男子バレーの高橋藍選手はハーフ?家族構成や生い立ちのまとめ

今回は、男子バレー日本代表の高橋藍選手について紹介していきました。

  • ハーフではなくクォーター
  • 5人家族でお兄さんもバレーボール選手
  • 現在日本体育大学2年生
  • 愛用しているネックレスはSEV

ということがわかりました!

19歳と、まだ若いのでこれからの活躍も楽しみですね。

今後も高橋藍選手から目が離せません!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です